文字サイズ切り替え
  • 小
  • 大
お近くの医院を検索
医院名で探す
エリアで探す
杉学歯ホームページ
  • 杉並区歯科保健医療センター 杉並区歯科保健医療センター職員募集
  • 障がいを お持ちの方へ
  • 寝たきりで 歯医者に行けない
  • 休日なのに 急に歯が痛くなった
  • お口の健康診断
  • 無料歯科健診
  • Home
  • » 杉学歯ホームページ

杉学歯とは

ごあいさつ

皆様こんにちは
杉並区学校歯科医会の会長の伊藤公英です。
杉並区学校歯科医会は杉並区立子供園、小中学校、養護学校、杉並区内の都立学校の学校歯科医を中心に構成されており、一般社団法人杉並区歯科医師会の会員です。学校歯科医はそれぞれの学校で定期健康診断、就学時健康診断、歯科相談、口腔保健指導、歯や口の外傷への対応など歯科に関する保健活動を行っています。会員は様々な形態で講演会・研修会を開催して共に学び、保護者、学校関係者、関係諸機関と協力して、児童、生徒の歯と口の健康をより良い状態に維持できるよう活動を行っています。

杉学歯の構成

杉学歯は次の2種類の会員より構成されていますが、全員一般社団法人東京都杉並区 歯科 医師会会員です。

(1)校医園医を務める会員

杉並区には、区立の小学校38校、中学校21校、小中一貫校2校、子供園6園、都立の高等学校7校、特別支援学校1校がありますが、各学校(園)あたり数名の会員が4年交代で務めます。

(2)それを支援する会員

実際に校医園医は務めませんが、バックアップしています。

杉学歯の主な活動

(1)学校歯科医としての活動

従来からの学校歯科健診はもちろんのことですが、保健相談なども行います。
保健教育として、学校から要請があれば、講話なども行います。
また区立の小学校では6年生、 中学校では1年生、子供園では年中・年長児を対象として、学校歯科医(園医)の指導のもと、東京都歯科衛生士会(歯科の看護師さん)の協力により、「口腔保健指導」が実施されます。生涯を通じて健康で健やかな生活を送るための基礎を身につけてもらうことを目的としています。

(2)歯の衛生週間事業

毎年6月には、歯の衛生週間事業として杉並区教育委員会・杉並区歯科医師会とともに、「歯に関する図画・ポスター・作文・標語」の優秀作品を表彰しています。

口腔保健指導

口腔保健指導は例年杉並区立の小学校6年生、中学校1年生及び特別支援学校、子供園の年中・年長を対象に実施しております。実際に行われている様子をまとめました。
(令和3年度の口腔保健指導は新型コロナウイルスの感染予防を踏まえ、実習等は行わず、講話を中心とした内容に変更しています。)

① 朝の打ち合わせの様子です。当日の段取りなどの最終確認を行っています。

② 学校歯科医の挨拶の様子です。最後時間が余ったクラスでは児童からの質問を受けました。

③ 担当歯科衛生士の講話の様子です。

④ 実習は行われませんでしたが、歯ブラシの当て方などの説明もありました。

⑤ 講話の際に実際に使用した模型です。手作りだそうです。

⑥ 当日児童に配布されたプリントです。

令和4年度 歯と口の健康に関する作品 募集要項

1.募集内容

(1)応募作品について(応募作品全てに共通する事項)
  ①歯に関する学習、生活、経験、見学等をもとにした作品にしてください。
  ②学校の授業に限らず、春休みなどに家庭で作成した作品でもかまいません。
  ③作品のなかに、会社名・製品名の固有名詞を入れないでください。
  ④「むしば」という言葉を作品に入れる場合は、必ず「むし歯」としてください。
   ※「虫歯」や「ムシ歯」と表記したものは、審査の際に不利になる場合があります。
  ⑤別添の「応募者名簿」を作品種別ごとに作成し、名簿と作品の順番を揃えて提出してください。
  ⑥応募者名簿の「学年・組」は、新年度のものを記入してください。
  ⑦1人で図画・ポスター、作文、標語のすべてに応募することができます。

(2)図画・ポスターについて
  ①小学生は図画またはポスター、中学生はポスターを募集します。
   『図画』・・絵の中に文字(言葉)を含まないもの
   『ポスター』・・絵の中に文字(言葉)を含むもの
  ②画用紙の大きさは、B3(364mm×515mm)又は四ツ切(540mm×380mm)にしてください。
   ※ サイズの違うものは、審査の際に不利になる場合があります。
   ※ 作品に紙等を貼り付けたりしても構いませんが、画用紙からはみ出さないようにしてください。
   ※ 絵の具が乾いてからご提出ください。
   ③作品の応募は1人1点とし、共同作品は認められません。
   ④図画・ポスター作品の裏面右下に別添の「応募票」を貼ってください。

(3)作文について
  ①小学校1年生~中学校3年生の作品を募集します。
  ②作品の応募は、1人1点とします。
  ③作品は、400字詰の原稿用紙で4枚までとします。
  ④作品の始めに、作品タイトル・学校名・学年・組・氏名を明記してください。

(4)標語について
  ①小学校1年生~中学校3年生の作品を募集します。
  ②作品の応募は、1人1点とします。
  ③別添の「応募用紙」を使用してください。
  ④作品に、学校名・学年・組・氏名を明記してください。
  ⑤提出の際、応募者名簿と作品の順番を揃えてください。

2.応募方法

作品種別(図画・ポスター、作文、標語)ごとに作品をとりまとめ、別添の「応募票」と作品種別ごとの「応募者名簿」を添えて提出してください。

(1)「歯と口の健康に関する作品【応募票】」について
  作品種別ごとの応募者数を記入し、重複者がいる場合は、その人数を記入してください。
  重複者数とは、1人で複数の作品を提出した人数です。

(2)「歯と口の健康に関する作品【応募者名簿】」について
  ①名簿は作品種別ごとに作成してください。学年全員が作品を提出する場合等は、クラスごとに用紙を分けても構いません。
  ②名簿の記載順は作品の並び順と一致させてください。作品の確認時に必要となりますので、作品を提出した児童・生徒全員の氏名を記入してください。

(3)作品募集期間

令和4年4月8日(金)~5月19日(木)

 募集期間内に『学務課 保健給食係』(区役所 東棟6階)まで、ご提出ください。
 締切日以降の提出は、原則として作品を受理できませんのでご了承ください。
 ※図画・ポスターは直接ご持参いただくか郵送で提出をお願いします。交換便を使用すると作品が破損する場合があります。

3.参加賞

 作品を応募した児童・生徒には、参加記念品をお渡しします。各学校へ配送する予定です。記念品の配布数は作品数ではなく、作品を応募した児童・生徒数です。

4.表彰

 審査会で、区長賞・会長賞・金賞・銀賞・銅賞を選定し、入賞者に賞状及び賞品を贈呈します。
 入賞者の発表は6月上旬の予定です。入賞作品は、広報誌及びホームページ等への掲載を予定しています。その際、学校名、学年・組、氏名も公表します。

5.審査会・表彰式

 審査会:令和4年5月26日(木)午後2時~ 区役所西棟6階 第5・6・7会議室
 表彰式:令和4年度は開催しません。入賞者が在籍する学校へ賞状及び賞品をお送りします。

6.東京都の作品募集事業への応募について

 東京都の作品募集事業への応募については、杉並区の「歯と口の健康に関する作品募集」に申込んだ作品の中から行います。東京都の作品募集事業には、児童・生徒が直接応募することはできませんのでご注意ください。
 なお、作文は、区に応募があった小学校5年生から中学校3年生の全ての作品を出品予定です。

7.令和3年度の入賞作品の一部

<図画・ポスター>

杉並区 会長賞
東京都 低学年2位
桃井第一小学校 3年三宅 春輝さんの作品

<標語>

金賞 松庵小学校 4年
上村 郁乃さんの作品

「む」てきアイテム 「し」間ブラシで 「ば」いばいむし歯

その他の入選作品については、杉並区公式ホームページ>杉並区教育委員会>学校教育>学校保健>歯と口の健康に関する作品募集事業>令和3年度入賞作品、に掲載しています。

歯と口の健康週間事業 受賞者一覧

・応募作品総数:1,214点 参加校数:20校 参加人数:1,210人

・入賞者数

図画・ポスター部門
区長賞1点、会長賞2点、金賞2点、銀賞1点、銅賞2点
作文・標語部門
金賞6点、銀賞6点、銅賞7点

・区長賞 松渓中 3年 野田 希 さん

・会長賞 桃井第一小 3年 三宅 春輝 さん

・会長賞 杉並第一小 5年 中武 日向美 さん

・標語の部金賞作品

学校名 学年 氏名 作品
松庵小 4年 上村 郁乃 「む」てきアイテム 「し」間ブラシで 「ば」いばいむし歯 
井荻中 1年 梶本 結衣 今の歯で 孫と話せる その日まで
東原中 1年 河井 春香 大切に かえはきかない あなたの歯
松渓中 3年 青木 沙也子 歯をみがき おいしいものを おいしく食べよう もっと楽しい 私の人生

・図画・ポスター入賞者一覧

《小学校》

部門 学校名 学年 氏名 学校名 学年

氏名

図画・ポスター
(低学年)
会長賞(1名) 都大会・区代表作品
桃井第一小
3年 三宅 春輝      
金賞(3名) 桃井第一小 3年

高田 穂乃香

高井戸東小 3年 藤田 さとみ
桃井第一小 3年 宮内 蒼葉      
銀賞(3名) 西田小 3年 五十嵐 海 高井戸東小 3年 佐藤 染花
高井戸東小 3年 山本 結      
銅賞(3名) 高井戸東小 3年 伊藤 四葉 高井戸東小 3年 荻原 まどか
高井戸東小 3年 金子 莉瑚      
部門 学校名 学年 氏名 学校名 学年

氏名

図画・ポスター
(高学年)
会長賞(1名) 都大会・区代表作品
杉並第一小
5年 中武 日向美      
金賞(3名) 杉並第二小 4年

野瀬 彩芭

杉並第一小 5年 赤坂 瑠奈
高井戸小 6年 小林 こころ      
銀賞(3名) 杉並第一小 5年 長田 千佳 杉並第一小 5年 田中 響
三谷小 6年 柴田 太一      
銅賞(3名) 高井戸東小 5年 肥田 唯那 三谷小 6年 川尻 ひかる
三谷小 6年 新谷 円      

《中学校》

部門 学校名 学年 氏名 学校名 学年

氏名

図画・ポスター
区長賞(1名) 都大会・区代表作品
松渓中
3年 野田 希      

・作文入賞者一覧

《中学校》

部門 学校名 学年 氏名
作文 金賞(1名) 西田小 3年 田形 真子

《中学校》

部門 学校名 学年 氏名
作文
金賞(1名) 阿佐ヶ谷中 1年 今井 晴貴
銀賞(1名) 阿佐ヶ谷中 1年 ロマン 樹
銅賞(1名) 阿佐ヶ谷中 1年 前田 行成

・標語入賞者一覧

《小学校》

部門 学校名 学年 氏名 学校名 学年

氏名

標語
(低学年)
銀賞(1名) 杉並第二小 1年 柏木 彩那      
銅賞(2名) 高井戸第三小 2年

髙木 あかり

杉並第二小 3年 宮口 拓士
部門 学校名 学年 氏名
標語
(高学年)
金賞(1名) 松庵小 4年 上村 郁乃
銀賞(1名) 杉並第二小 4年

冨士原 紗矢

《中学校》

部門 学校名 学年 氏名 学校名 学年

氏名

標語
金賞(3名) 都大会・区代表作品
井荻中
1年

梶本 結衣

東原中 1年 河井 春香
松渓中 3年 青木 沙也子      
銀賞(3名) 東原中 2年 黒崎 健太 東原中 2年 多川 咲良
松渓中 2年 保見 楓太      
銅賞(3名) 大宮中 1年 寒河江 奏太 大宮中 2年 黒澤 彩乃
松渓中 3年 加藤 颯季 東原中 3年 田中 那奈

・講評

図画・ポスターの部
杉並第一小学校 戸久世朗子 <小学校の部>

 本年度、2年ぶりに『歯と口の健康に関するポスター募集』が行われました。この2年の間に、世界的に新型コロナの感染が拡大し、東京は長期の緊急事態宣言を余儀なくされ、私たちの生活は大きく様変わりしました。そして、その影響は今回のポスター募集にも如実に表れていました。
 ポスターの応募総数は384点、これは令和元年度の7割ほどです。そして、毎年3年生くらいの学年でよく見られた、口を大きく開けて 歯磨きをしている絵、がほとんどなくなりました。これは、授業ではマスクを外して大きく口を開けた自画像を描くことができなくなったからです。また、「マスクの下の笑顔」というフレーズやマスクをし た顔を描いたものが見受けられたのも現在の状況を反映していると感じます。
 一方で、『歯を見せて笑おう』 『白い歯でいい笑顔」のような言葉や、口を開けて笑う人の歯がキラッキラ輝いている絵など、きれいな歯や健康的な歯と笑顔を繋げたキャッチコピーや絵が増えたように思いました。『歯を守ろう』『歯を大切にしよう』という率直な思いや 子供たちの笑顔に満ちた作品には審査員の私たちも心を癒され、子供 の作品が放つ素晴らしいパワーを再認識した時間でした。  小学校の部の審査は例年通り、低学年の部と高学年の部に分け、床一面に絵を並べながら、全作品に目を通して行われました。絵の技巧性に よる上手い下手よりも、その作品の持つオリジナリティやメッセージ 性といった、見る人に訴えかける力を第一に選ばせていただきました。  『歯と口の健康に関するポスター募集』が復活し、再び多くの子供たちの作品に出合えたのは本当に嬉しいことです。これを機に多くの 方々が歯と口の健康について考えてくださること、そして早期の新型 コロナの収束、子供たちがマスクを外して笑い合える日が来ることを願ってやみません。

宮前中学校 佐藤 祥貴 <中学校の部>

 健康な歯はかけがえのない財産のひとつです。多くの作品に歯を美しく健康に保とうとする気持ちが込められているように感じました。 今回はその中でも、ポスターを見た人に歯と口の健康のために行動を起 こそうと思わせるような作品はどれだろうと考えながら審査しました。
 むし歯というのは恐ろしい病気です。痛みも怖いですが、歯並びを狂わせたり、食事の味が変わってしまったり、軽く考えて放っておけ ば最悪命にかかわります。今回選ばれた作品は、歯を大切に思う心を深く感じさせるものや、見る人に楽しく歯磨きを促してくれるもの、むし歯に対して警鐘を鳴らすものなど、健康な歯と口のありがたみを感じられる作品ばかりです。
 ポスターに限らず、絵を描くときに小中学生の皆さんに考えて欲しいことは、「自分は楽しめたか?」ということです。上達のためにお 手本や資料を見るのも良いですが、できれば自分の目で実物を見て、 指先で触って、心で感じたことを絵にしてほしいと思います。楽しむ という事は、楽をするという事ではなく、五感を全開にして全身全霊で味わうという意味です。
 誰の中にも、素晴らしい感性が眠っています。これからも様々な場所で挑戦し続けて、美しく磨いていってください。応援しています。

作文・標語の部
馬橋小学校 山本 瑠香

 昨年度は新型コロナウイルスの影響で残念ながら開催することができませんでしたが、今年度はたくさんの力作が集まりました。ご応募 ありがとうございました。子どもたちが歯と口の健康に対して真剣に考え、作品を仕上げたことが伝わってきました。
 標語は、限られた字数の中で歯と口の健康を保つためのアイディアが素直な言葉で綴られていて、心に響く作品がたくさんありました。
 小学校の金賞作品「むてきアイテム し間ブラシで ばいばいむし歯」は、頭の文字をとると、「むしば」になる工夫が光っていました。  中学校の金賞作品「今の歯で 孫と話せる その日まで」は、「8020」(80歳で20本の歯) につながる、生涯健康でいることの大切さ を詠んでいました。
 作文は、自分の体験や本で調べたことをもとにした内容のものが多くありました。
 小学校の金賞作品「大切なもの」は、「強い歯は強い体につながっていること」、「大切な歯は、お皿のようにきれいにみがくこと」 を、お母さんとの関わりの描写の中で表現した心温まる作品でした。
 中学校の金賞作品「歯みがきをがんばる」は、「自分の子どもに歯で苦労してほしくない」というお母さんの優しさが読んでいて伝わっ てきました。「おじいちゃんになっても、健康な歯でいたい」という結びが素敵な作品でした。
 来年度も標語や作文を書く活動を通して、子どもたちが歯と口の健康について考えてくれることを願っています。